ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

読書

呪いの言葉の解きかた

「嫌なら辞めればいい」これは、典型的な呪いの言葉だ。 すごい人気ですね。わたしは図書館で予約したんですが、3か月くらい待たされちゃいました(笑)。 調べてみたら、他の図書館も予約でいっぱいで、今すっごく注目されてる本みたいです。 演技と関係ある…

あなたが笑えば世界も笑う。その2

【ケーキの味は、その材料の単なる合計を超えたものである】 昨日のブログを、もう少し深く掘りさげてみましょう。 【内容】 たとえば一番いい例が、ロビンソン・クルーソーの物語だ。 難破して離れ島に流れ着いてしまったロビンソン・クルーソーという人が…

あなたが笑えば世界も笑う。

人と人との気持ちがつながるのは、「小麦粉がケーキに化ける」みたいなものですね。 どういう意味? 説明するね。 【内容】 社会的ネットワークは、ありとあらゆるものを人から人へ運ぶのである。 流れを決定する基本的要素の一つは、相互に影響し合い、真似…

ウソつき!!!!

太宰作品『晩年』の中の一編、『ロマネスク』【注】 この作品の中に、「嘘の三郎」という男が出てきます。 江戸深川の漢学者の息子として生まれた三郎は、子どものころから事あるごとにウソをつき、それが不思議と、そのまままかり通ります。 長じては、無心…

人類進化のナゾ

うすうす気づいていたけど、なんで人類がここまで繁栄したのか。 それはスケベだったからピ――――!!! 最初にことわっときますが この本は、大学の自然人類学のテキストとしてまとめられた本で、決してヘンな本ではありません。 今年になって発行された人類…

悩みは、2つに分ける!

成長するために うまくいかないな・・・。 その悩み、自分でコントロールできることですか? 今回の元ネタは、こちら うまくいかなくても前が向ける考え方 こうしたい、こうなりたい、など 「改善したいこと」を書きだし、自分でできることと、人や外部の環…

法律そもそも?

なんで法律が生まれたの ホント頭に来ちゃう。先輩ったら、好きキライで贔屓(ひいき)して、きげんの良い悪いで… ちゃんとしたルールがあるといいのにね。 秦の始皇帝(紀元前259年〜210年)の絶大な権力の陰には、忠実な宰相<さいしょう>法治主義を旨とした…

ろばの皮

文学は人の心を映します。 というわけで今回は黒いブンガクをご紹介します。 「赤ずきんちゃん」で知られるペロー童話です。 ろばの皮 むかし、とても仲の良い王様と王妃がいました。 でも王妃様は重い病気になってしまいました。 臨終のとき、王妃は夫の王…

純愛は永遠なのか?

「ローマの休日」アン王女役で有名な、オードリー・ヘプバーンがブロードウェイの舞台で演じ、 騎士ハンス役のメル・ファーラーとの間に愛が芽生え、 ふたりが本当に結ばれたことで知られる「オンディーヌ」のレッスンをやりました。 本当に結婚しちゃうなん…

ゴッホの耳!【模造品】

ゴッホの耳 美術館のインチキ展示品 ゴッホ 耳を切った自画像(頭に包帯をした自画像) ゴッホが自分の耳を切断したエピソードは、あまりにも有名です。 そのゴッホの耳(模造品)を美術館に展示するという「イタズラ」をやった男のお話を紹介します。 今回の…

ヘンゼルとグレーテルと三びきのこぶた

「ヘンゼルとグレーテル」と「三びきのこぶた」 共通テーマは 子すて え?でも、三びきのこぶたは・・・。 近年になって書き換えられた童話と違って、昔から語りつがれてきたイギリス民話「三びきのこぶた」の冒頭は、こうなっています。 むかし、あるところ…

ゆきおんな

ゆきおんな 吹雪の山で遭難した若者(巳之吉)は、その夜、山小屋で雪女と出会います。 「きれいな男だな。殺すのはおしい。命はたすけてやろう。でも今夜おまえが見たことは、だれにも言ってはいけないよ。わたしはおまえが好きになったから、いま、命はとら…

弁天小僧

弁天小僧【歌舞伎】 それにしてもお頭も、よくこんな便利なとこを かくれ宿に見つけたね。 きっかけは利平の旦那だよ。用心棒として雇われて、お頭と意気投合したんだって。 旦那は若いけど、あれでわけありなんだね。なんだかちょっと気になるよね。 でも、…

がらがらどん

三びきのやぎのがらがらどん 美しいばかりが世の中じゃない。 いろんな困難が待ちうけているのが世の中です。 だからこそ、仲間と助けあって知恵を使って生き延びろ! 「三びきのやぎのがらがらどん」は、そういうお話です。 ニュースを聞いてると、10代の自…

ヴードゥーの魔術

「土人の魔術」フレドリック・ブラウン作 デッカー夫妻は離婚問題で論じ合っていました。 絶対に半分です。財産の半分と、お金の半分、それでなくては絶対に承知しません。 ふざけるな! そうかしら。その気になれば、全部いただくことだってできるんですよ…

男はつらいよ、アンデルセン

「マッチ売りの少女」の作者アンデルセンは、旅行が好きで、美人が好きで、 ふられつづけて、生涯独身で、ホテルか下宿住まいで、 我が家はなく、有名になってからも親しい人の家で夕食をごちそうになって、曜日をきめて別な家庭の客になったそうよ。 それっ…

ピグマリオン

本日は、「ピグマリオン」のレッスンを行いました。 「マイ・フェア・レディ」(オードリー・ヘプバーン主演映画)の原作です。 貧しい花売り娘のシンデレラストーリーという内容は映画とほとんど同じです。原作ですから当然なんですが…。 ラストだけは全く違…

ウンディーネ

「やってこなければならなかったのです。それがさだめ、それが掟(おきて)。命を奪うために来ました」 ウンディーネは騎士の顔を両手で挟み、くちづけた。 ウンディーネの眼から涙がこぼれた。体のなかの水をしぼりつくそうとする涙の一滴が、男の眼に入った…

つれづれなる噺

「レ・ミゼラブル」(2012年 イギリス映画)を観て感動した生徒が、 「じゃあ原作はどうなんだろう?」と原作本を読んでみて さらに、「他の年代に作られた映画はどうなんだろう?」と、4本のレ・ミゼラブルを見比べたんだって。 すごいですね。 「比べる」…

モリエール

四歳の娘を気に入り、貧しい女から買い取って理想の女性に育て上げ、自分と結婚させようとする中年男アルノルフの 喜劇! モリエール作「女房学校」【無料です】 http://stanislavskii.tabigeinin.com/lecole.htm なにそれ変質者の話ですか 変態よ変態 にゃ …

読書

ある生徒を大いに褒めました。 「もっと読書をします。読解力をみがくために」 その生徒の言葉です。 この考え方は、練習の継続にもつながります。 「練習なんて必要ない」と思っている人はいないと思います。よっぽどのことでもない限りは。 大切なのは、こ…

君たちはどう生きるか

「君たちはどう生きるか」 ネット通販のリンクはしません。図書館で借りるか本屋さんで買おうね。 B〇〇K 0FFで、漫画版を一気に読んじゃった。立ち読みで。 一時間以上かかったけど。 買ったんじゃないのね・・・。 原作が発表されたのは、1937年。 いじめ…

猫の大虐殺

フランスで活躍した哲学者 ジャン=ジャック・ルソーは、文学と現実との区別がどうしてもつかなかった らしいよ。 ジャン=ジャック・ルソー(1712年 - 1778年)は、ジュネーヴ共和国(現在スイスの都市)に生まれ、主にフランスで活躍した哲学者、政治・教…

いろんな赤ずきん

オオカミは悪くなかった。 人間の味方だった。 それなのに彼の恋人は、人間に殺されてしまった。 彼女は、なにも悪いことはしていなかった。 殺されたのは、ただ、オオカミだという理由だけだった。 オオカミは復讐を誓った。 あいつにも俺と同じ気持ちを味…

白雪姫を分析する

白雪姫、魔法の鏡の声について 「屋根裏の狂女」 の著者サンドラ ギルバートと スーザン グーバーは、 「鏡の声の主はじつは父親なのだ。その家長の下す判定が、お后の、そしてすべての女の自己評価を決定しているのである」 と書いています。 つまり鏡の声…