ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

ヴードゥーの魔術

土人の魔術」フレドリック・ブラウン

デッカー夫妻は離婚問題で論じ合っていました。


絶対に半分です。財産の半分と、お金の半分、それでなくては絶対に承知しません。

ふざけるな!

そうかしら。その気になれば、全部いただくことだってできるんですよ。それもごく簡単にね。

ハイチに旅行しているあいだにヴードゥーの魔術を習ったんですよ。

くだらない!

ところが、そうじゃないんです。あなたは私が善女だということに感謝しなくちゃ。その気になれば、あなたを殺すことぐらいわけないんですからね。

そうしたら、お金も全部、不動産も全部、ごっそり私のものになるんですよ。

ヴードゥーで殺せば、心臓マヒで死んだのと区別ができないんですって。

たわごとだ!

そうお思いになるの。私は蝋(ろう)とピンをもっていますの。どう、ひとつまみでいいからあなたの髪の毛をくださらない。実地にお見せしましょうか。

嘘八百だ!

それなら、こわがっていないでやらせてごらんなさいよ。私にはこれが効くことがわかっているんですから。

どう、こういうことにしては?もしそれであなたが死ななければ、私は離婚を承知し、しかも一銭の要求もしない。もしこれが効いたら、私は自動的にすべてをちょうだいする。

よし。蝋とピンを取ってきたまえ。・・・・そら髪の毛だ。

後悔しますよ。

夫人は言って、髪の毛を差し込んだ蝋人形の胸にピンを突き刺した。




そ・・・それで、どうなったの。

デッカー氏は驚きました。

が、

後悔よりもうれしい気持ちのほうが強かったのです。

もともとヴードゥーは信じていませんでしたが、慎重な男だったので、万が一を考えたのです。

それに、細君がめったにヘアブラシの掃除をしないので、氏はいつも腹を立てていた矢先でもありました。

参考文献
スポンサーから一言 創元SF文庫



【新入生募集中!】

18歳以上
年齢制限・入所試験なし。

無料体験入学 & レッスン見学受付中!
Voice actor laboratory 声優演技研究所





この2人、結婚してたにょか・・・。