ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

ゆきおんな



ゆきおんな

吹雪の山で遭難した若者(巳之吉)は、その夜、山小屋で雪女と出会います。


「きれいな男だな。殺すのはおしい。命はたすけてやろう。でも今夜おまえが見たことは、だれにも言ってはいけないよ。わたしはおまえが好きになったから、いま、命はとらないけど…」


その翌年の冬のことです。巳之吉は家に帰る途中で、お雪というひとりの旅の娘と知り合います。


娘はこのほど両親に死にわかれ、これから江戸表へ行くのだという。


巳之吉は、この見ず知らずの娘に、なんとなく心を引かれだします。なんだか見れば見るほど、娘がきりょうよし(美人)に見えてくる。


巳之吉は娘に、おまえさん、べつに言いかわした男はないのかえ、と尋ねてみると、娘はにっこり笑いながら、そんなものはありませんと答えた。


すると、こんどは娘の方から巳之吉に、あなたはおかみさんがおありになるのか。今なければ、いずれお嫁さんになるという、きまった人でもおあんなさるか、と尋ねる。


やがて村に着いたときには、ふたりはすでに大いに意気投合していた。


けっきょくお雪は、江戸へは行かずじまいになった。


ほどなく二人は夫婦となり、10人の子宝に恵まれた。


参考文献
怪談 岩波文庫
ゆきおんな 小学館
ゆきおんな ポプラ社
やまんば・雪女 金の星社
日本のおばけ話 偕成社
日本むかし話 ひさかたチャイルド


「ゆきおんな」は、雪の精と若者(みの吉)との恋愛譚とも解釈できますね。

その他、「オンディーヌ」と、ウラジミール・プロップの「魔法昔話の型」を応用して物語の構造を知ろう、といったレッスンを行いました。

ウラジミール・プロップ
「ファンタジーのプロット」【無料です】
http://www1.odn.ne.jp/seiyukenkyujo/fantasy.htm



それでは、また!



【新入生募集中!】

18歳以上
年齢制限・入所試験なし。

無料体験入学 & レッスン見学受付中!
Voice actor laboratory 声優演技研究所