ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

母の初恋と非常

非常 川端康成

———「お前との約束はあったかもしれないが、この女はおれのものになっている。」

「いや、この女を愛する愛し方を知っているのはおれ一人だ。」

しかしみち子は、その男をかばい、眉(まゆ)をそびやかして高らかに私を笑う。

f:id:seiyukenkyujo:20190801181237p:plain

「非常」(昭和13年12月) のここの文章は、おなじ川端康成の「母の初恋」(昭和15年1月) を思い起こさせます。

f:id:seiyukenkyujo:20191122001612p:plain

「非常」も「母の初恋」も【ちよもの】と呼ばれる川端康成の作品群のひとつです。

f:id:seiyukenkyujo:20190801180507p:plain

【ちよもの】の特徴に、「小説のどこかが、他の【ちよもの】と微妙にリンクしている」という点があります。

f:id:seiyukenkyujo:20190801181131j:plain

「母の初恋」は大好きな小説のひとつです。

f:id:seiyukenkyujo:20190814202555j:plain

「非常」は、「母の初恋」の姉妹編であり、ある意味ウラ話のような小説でもありますね。おすすめします。

f:id:seiyukenkyujo:20190801181331p:plain

www1.odn.ne.jp

f:id:seiyukenkyujo:20190801180540p:plain