ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

毒をもって毒を制す

戦国大名は、多数の忍びを雇用し、これを自らの直参としたうえで、重臣に預けたり、各地の城砦に配置した。

そして、敵地の諜報活動、偵察はもちろん、草、伏、かまりなどの待ち伏せ戦法、敵城や陣所への潜入、夜討、放火などを担った。

f:id:seiyukenkyujo:20190801180927j:plain

戦国大名は、悪党と呼ばれていたアウトローたちを、なぜ「忍び」として雇用し、重用したのでしょうか。

f:id:seiyukenkyujo:20190801180318j:plain

忍びとなった悪党たちは、罪一等を減じられて、配下になった者、扶持(ふち)を目当てに雇われた者などがいました。

f:id:seiyukenkyujo:20190913095438p:plain

忍びは、遊撃戦や夜間の戦闘にその能力を存分に発揮します。

f:id:seiyukenkyujo:20190812031833j:plain

しかし、戦国大名が彼らを雇用したのは、それだけではありませんでした。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100046p:plain

大名に雇用された忍びたちは、領国内で悪事を働く悪党たちを、摘発する任務を負っていたのです。

 

毒をもって毒を制す

北条氏の配下であった風魔一党は、自分の傘下に入らず(北条氏に帰属せず)、窃盗、強盗、殺害、放火などを行う盗賊(悪党)を、その情報力と配下の連中を駆使したネットワークなどで摘発し、これを処刑していたらしい。

また、大名の家臣らの不正を調査、摘発することも、忍びの任務であった可能性がある。

つまり、忍びとして大名に雇用された悪党は、領内の悪党を摘発、処理するだけでなく、家臣らの動静監視をも担う、領国の治安維持の中核の一つでもあったわけだ。

戦国大名にとって、領国内を荒らしまわる盗賊対策は、頭の痛い問題であった。そのため、盗賊を摘発したり、それを成敗することは、恩賞の対象となっていた。

個々の領主や、土豪たちは、自らの支配領域や本領、知行所の治安維持を目指して、日々努力をしていたが、神出鬼没の盗賊たちに対応することは、なかなか困難であった。そこで頼りにされたのは、悪事の道に精通していた、悪党たちの忍びたちだったと考えられる。

また、忍びたちは、領国の出入口の番所などに配置され、国内に入ろうとする人々を監視し、他国の忍びや盗賊たちが入り込もうとするのを、水際で摘発することも、大切な任務であった。悪党出身であるがゆえに、いかに相手が変装をしていたとしても、同類に対して働く勘が物をいって、摘発ができたのであろう。

忍びは、悪党出身であるがゆえに、その道に精通しており、領国の村や町を荒らしまわる悪党の探索と摘発、さらには、他国からの潜入者摘発が、大名から期待されていた。まさに、「毒をもって毒を制す」というところであろうか。

f:id:seiyukenkyujo:20200211051645p:plain

いっぽう、悪党としての忍びは、自らの主君の支配する領国で、殺害、放火、盗みなどは許されません。それは当たり前です。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100037p:plain

だが、敵国であれば大いに奨励され、それが恩賞加増の規定基準にもなっていました。かくして彼らの矛先は、敵国の村町や城砦、敵兵などに向けられたわけです。

f:id:seiyukenkyujo:20190812031906j:plain

悪党を忍びとして戦国大名が召し抱えたのは、軍事的要請という他に、領国の治安維持と安定という意味合いもあったのでしょうね。

f:id:seiyukenkyujo:20190913095536p:plain

この続きは明日のブログで。f:id:seiyukenkyujo:20190804183741g:plain

参考
戦国の忍び 角川新書

f:id:seiyukenkyujo:20190913101157p:plain

www1.odn.ne.jp

 f:id:seiyukenkyujo:20190913095427p:plain