ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

【緊張】あがったときは・・・

f:id:seiyukenkyujo:20220214091825j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190826162247p:plain

【内容】

個人的に興味があって、メンタルや脳の勉強をしているのだが、あるとき、こんなことを教わった。

「本番で力を発揮できないのは緊張しているからではありません。感情と思考が一致していないからです。緊張しているというのは感情。緊張しているのに無理に緊張していないと思おうとするのが思考。だから緊張していることを認めることが大事です」

実は、これと同じようなことを木内監督も言っている。

「なんでもあがりだと認めろ。そうすれば、早く下りられるんだよ」

そう言って選手との間に「あがっている」というサインをつくり、緊張している選手に「あがってます」と言わせていた。

これだけではない。別のことを教わったときも同様だった。

「自分が緊張したり、動転しているときは、自分より緊張している人、動転している人を探して、声をかけてください。励ましてください。人は、励ます側にまわると、緊張しなくなります。動転しなくなります」

こう教わったのだが、木内監督はこう言っていた。

「『チームリーダーになれ。一番声を出せ』とセカンドとサードを励まし係に任命しました。人を励ませば、自分も励まされんだよね

甲子園でなかなかヒットが出ない不振の内野手2人に対し、初登板の下級生投手に積極的に声をかけるよう指示したのだ。

f:id:seiyukenkyujo:20220214092601p:plain

高校球児だけでなく声優だって緊張するし、あがります。あがりから覚めるヒントになってくれれば幸いです。

引用
木内語録 甲子園三度優勝の極意 (集英社文庫)

f:id:seiyukenkyujo:20210718041952j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190804185124p:plain