ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

東京五輪と井伊直弼と演劇

鎖国をやめて開国する

f:id:seiyukenkyujo:20200315231054p:plain

答えは一つしかないと分かっているのに、汚名を着るのを恐れて誰も決断を下そうとしない。

f:id:seiyukenkyujo:20200307081254j:plain

結局泥をかぶる決意をしたのは、大老井伊直弼(いい なおすけ)ただひとりでした。

幕末の大老井伊直弼

彼について、悪人というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。しかし、近年は井伊直弼という人物を見直す動きがあります。

井伊を悪人とする見方は、明治維新以降、つまり徳川幕府側が「逆賊」となったのちに勝者側の視点で描かれたストーリーであり、当時の井伊がそうした行動するに至った経緯、心理を正確に伝えるものではないのではないかというのです。

 

井伊直弼大老に抜擢されたのは、ペリーの黒船来航から5年後の1858年、アメリカの総領事ハリスが日米修好通商条約を締結すべく日本にやって来た超混乱期でした。

大抜擢の理由は、今まで直弼の人柄を見てきた将軍の家定が「家柄からも人物からも大老掃部頭(直弼)しかいない」と言ったためでした。

 

正直、弱小国だった日本がアメリカを突っぱねて鎖国なんて現実的に続けられるわけもなく、もうどう考えても開国するしかありませんでした。

ただ、幕府が天皇の許可を得てから条約調印しようと考えて孝明天皇に相談してしまったため、事態がややこしくなってしまったのです。

 

なぜなら、孝明天皇の立場からしてみれば、自分の代で外国の勢力に屈して開国するなんてことは末代までの恥。

代々の天皇に顔向けできない。だからどんなに幕府が説得しても、決して許可できるわけがないのです。

 

かといって日本にアメリカをはねつけるだけの力はありません。もうどうにも八方塞がりになってしまった幕府を救ったのが、大老井伊直弼でした。

 

天皇を無視してでも、日米修好通商条約を締結して開国する」。答えは一つしかないと分かっているのに、汚名を着るのを恐れて誰も決断を下そうとしない。

結局泥をかぶる決意をしたのは、大老井伊直弼ただひとりでした。

 

「重罪は甘んじて我等一人に受候決意(日米修好通商条約を締結するという重罪は、私一人が受けよう)。」

という直弼の言葉が残っています。

 

直弼だってできるものなら本当は条約調印なんかしたくない。

そんな中、責任を自分一人で負う強い覚悟で、日米修好通商条約を締結したのです。彼の迅速な決断によってひとまず日本は救われたと言っていいでしょう。

情報元

mag.japaaan.com

f:id:seiyukenkyujo:20190814202555j:plain

なんとなく現在の日本の東京オリンピックを廻る状況と似てますね。

ここからは演劇的な視点で

f:id:seiyukenkyujo:20190812032237j:plain

ここまでは、井伊直弼なかなかいい人です。しかし、その後を知ると「う~ん・・・」と考えてしまいます。

案の定、孝明天皇は激怒。

天皇は、幕府よりも水戸や長州藩を信頼しているという事実を認める事になります。

攘夷を唱えていた多くの日本人も井伊直弼に対して反感を持ちます。

 

安政の大獄

そこで苦肉の策として井伊直弼が行ったのが、安政の大獄でした。天皇に近づく反乱分子を徹底的に処罰したのです。

処罰対象となったのは強固な尊王攘夷論を唱えて幕府に反発する大名・公卿・志士(活動家)らで、その人数は100人にものぼりました。

謹慎から死刑まで、直弼は幕府を揺るがしうる者を徹底的に弾圧しました。

処刑した人物の中には学識のある人物も多くいましたが、その人たちの意見を聞くことなく処罰した彼の行為は、「誰にも頼らない」という開き直りにも近いほどの覚悟の表れでした。

 

この事で多くの恨みを買い、自分が殺害される覚悟をした彼は、

「咲きかけし猛き心の一房は散りての後ぞ世に匂いける(咲きかけて散る私の本心は、死んだ後の世こそが理解してくれるだろう)」

という句を詠み、そしてその直後に有名な桜田門外の変で暗殺されたのでした。

享年45歳。

f:id:seiyukenkyujo:20210127225950j:plain

川端康成は小説「人間のなか」で、人間の心の中には、いろんなものが潜んでいる、と述べました。

f:id:seiyukenkyujo:20190812031833j:plain

劇作家ブレヒトの作品には、最初はいい人だったのに、ストーリーが進むにつれ性格が変わって行き、ラストは最初と正反対の行動をとっている「都会のジャングル」「イングランドエドワード二世の生涯」「セチュアンの善人」などがあります。

f:id:seiyukenkyujo:20190812031906j:plain

歴史をあつかったアニメや映画・演劇はたくさんあります。みなさまの役作りのヒントに、ぜひ、ご活用ください。


ブレヒト戯曲全集1巻 解説より

「都会のジャングル」1923年

私のコンセプトはこの闘争で非常の男シュリンクが自分のプリンシプルに反して次第に人間的になっていくのに、ガルガは次第に非情さを身につけていき、最後にはタヒチ島ではなく、大都会ニューヨークというジャングルに旅立てるほどのハードボイルドに成長するという反教養小説的な方向だった。

イングランドエドワード二世の生涯」1924年の演出も同じ線であるが、特に強調したのは重要な人物がすべて途中から正反対の性格に変身することである。

人間の性格など環境によってどうにでも変わる、『ジャングル』1923年のセリフで言えば「ひとりの人間のなかにはあらゆる可能性がある」という部分は、性格を決めて人物造形をする今までの(今日でも)芝居の作り方とは違うひとつの手がかりになるだろう。

引用
ブレヒト戯曲全集1巻 未来社

f:id:seiyukenkyujo:20190812165017p:plain
www1.odn.ne.jp

f:id:seiyukenkyujo:20190804185124p:plain

羊羹そもそも

f:id:seiyukenkyujo:20210513092657j:plain

羊かん大好きです。f:id:seiyukenkyujo:20190817025006g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190924134740p:plain

もともと羊かんは中国の料理で、読んで字のごとく羊の羹(あつもの)、つまりは羊の肉を煮たスープの類(たぐい)でした。

スープf:id:seiyukenkyujo:20190909144229g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20200211051645p:plain

冷めることで肉のゼラチンによって固まり、自然に煮凝りの状態となるのですね。

f:id:seiyukenkyujo:20190811184303p:plain

鎌倉時代から室町時代に、禅僧によって日本に伝えられましたが、禅宗では肉食が戒律(五戒)により禁じられているため、精進料理として羊肉の代わりに小豆(あずき)を用いたものが、日本における羊羹の原型になったとされます。

f:id:seiyukenkyujo:20190811184337j:plain

初期の羊羹は、小豆を小麦粉または葛粉と混ぜて作る蒸し羊羹でした。蒸し羊羹からは、芋羊羹やういろうが派生しています。

f:id:seiyukenkyujo:20190810215023p:plain

当時は砂糖が大変貴重で、一般的な羊羹の味付けには甘葛などが用いられていました。が、17世紀以後琉球王国奄美群島などで黒砂糖の生産が開始され、薩摩藩によって日本本土に持ち込まれると、砂糖が用いられるのが一般的になりました。


そして現在では

f:id:seiyukenkyujo:20190811183431p:plain

煉羊羹は適切な状態で保存すれば常温で一年以上の長期保存が可能なものが多いため、非常食としても販売されているものもあります。

f:id:seiyukenkyujo:20190804184900p:plain

また、糖度が高く、少量でも高カロリーであり、体内ですぐにエネルギーに変換されることから、スポーツの補給食としても活用されているんですね。

情報元
伊集院光とらじおと
ウィキペディア

f:id:seiyukenkyujo:20210119051852p:plain

www1.odn.ne.jp

f:id:seiyukenkyujo:20190804185124p:plain

奔放な女性たち川端文学

f:id:seiyukenkyujo:20190825190329p:plain

これってつまり女たちの浮気の描写です。

舞姫 川端康成

ぜいたくと言われた女学校を、波子は出ていて、名家や富家にとついだ、友だちが多かった。

そういう家庭は、敗戦による、転落がはなはだしく、また、所帯じみないで来たために、中年の女になりながら、旧道徳の動揺に、よけいもまれた。

波子と矢木の場合のように、夫をあてにしないで、妻のさとの仕送りに頼って、暮していた友だちも、少なくなかったが、そういう夫婦も、おおかた安定をうしなった。

「結婚はみんな、一つ一つ非凡のようですわ。・・・平凡な人が二人寄っても、結婚は非凡なものになりますのよ。」

と、波子が竹原に言ったのには、これらの友だちの例を見た、実感がこもっていたのだ。

夫婦生活を守る、古い垣根(かきね)と土台とがくずれたので、平凡なからをやぶって、本来の非凡が、あらわに出た。

人間は自分の不幸によってよりも、他人の不幸によって、あきらめを教えられるものだというが、波子の教えられたのは、あきらめばかりではなかった。

人のことにおどろいて、わがことに目ざめもした。

一人の友だちは、ほかの男を愛したおかげで、その人と別れた後に、初めて夫と結婚のよろこびを知った。

また一人の友だちは、二十代の恋人のせいで、夫にたいしても、急に若返ったが、若い男に遠ざかると、夫にも冷やかになってしまって、かえって疑われたから、またよりをもどして、夫にそそぐ愛を、よその泉からくんで来ている。

どちらの友だちの夫も、妻の秘密はかぎつけていない。

波子の友だちが集まっても、こんな打ち明け話をすることは、戦争の前にはなかった。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100431p:plain

おいおい、主人公の波子だけじゃなく、友だちもみんな浮気してるのかよ。f:id:seiyukenkyujo:20190913102311g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190812032007j:plain

なんか、すご・・・。

f:id:seiyukenkyujo:20210204112747j:plain

戦争が終わって、古い道徳が崩れて、夫のいる妻たちが浮気に走った・・・というのは初耳です。

f:id:seiyukenkyujo:20190812032357j:plain

黒澤映画「生きものの記録」では、戦争のせいで、男が減り、戦争で夫を亡くした女性が増えるなど、男女の数のバランスがくずれたため、お金に余裕のある三船敏郎が演じる主人公は、お妾さんをかこっていました。

f:id:seiyukenkyujo:20190812031833j:plain

そういうことは実際にあったようです。

f:id:seiyukenkyujo:20190812031757j:plain

ただ、女たちの浮気に関してはどうなんでしょうね。もし事実だとしても「どちらの友だちの夫も、妻の秘密はかぎつけていない。」とあるように、表立って知られてはいないと思われます。

f:id:seiyukenkyujo:20191122001738p:plain

以上、川端文学に登場する奔放な女性たちでした。

参考
舞姫 新潮文庫

f:id:seiyukenkyujo:20190908190141j:plain

www1.odn.ne.jp

f:id:seiyukenkyujo:20190804185124p:plain

変態小説

f:id:seiyukenkyujo:20191115223636p:plain

これはやばい、さすがにやばい、いくらなんでもシャレにならん。これを読んでしまうと、以前のブログで〝変態小説〟だと論じた「指環」が可愛く思えてしまいますぅ。

士族 川端康成

「絵が好きならうちへいらっしゃい。絵の本をいくらでも見せてあげるよ。」

「今直ぐ行ってもいいの?」

彼がうなずくと、少女は頬にきつい色を見せてつかつかついて来た。

彼は叩(たた)くように少女の肩に掌を落して、士族を握りつぶしでもするかのように指先へ力を入れた。

「あんたの肖像を描いてあげようね。」

「あら、嬉(うれ)しいわ、ほんと?」

「ほんとだとも、今日はその白い服を着たまま描いて上げるけれどね、あんただっていろんな展覧会で見て知ってるでしょう。

人体は裸でなくちゃいい絵は描けないんだよ。

あんただって裸でないと、あんたのほんとの美しさが描けないんだよ。この次には裸になってくれる?」

少女は花嫁のようにこわい顔になってうなずいた。

彼は針を刺されたように驚いた。

しかし、これもまた余りに士族の心臓であったらしい。なぜなら、アトリエで少女と二人きりになると彼は彼の内の士族の道徳を感じ出して来たから——。

新聞紙を食べる赤子のように、彼は士族の娘を花茎のような足からむしゃむしゃ齧(かじ)ってしまうはずであったにもかかわらず——。

f:id:seiyukenkyujo:20210510204419p:plain

ラストの「にもかかわらず——。」から考えられることは、「むしゃむしゃ齧(かじ)ってしまうはずであった」のに、彼は士族の道徳を感じ出して、悪いことはできませんでした。という解釈になるんだと思われます。

——しかし、そうだとしても

f:id:seiyukenkyujo:20210508121614p:plain

ずぅぇぇっったいアウトですぅぅ・・・。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100037p:plainf:id:seiyukenkyujo:20210509144438p:plain

今回紹介した「士族」「指環」は新潮文庫「掌の小説」に載っています。どちらも、3~5ページの短篇ですのであっという間に読めますよ。それでは、また。

引用
掌の小説 新潮文庫

f:id:seiyukenkyujo:20190801181556p:plain

www1.odn.ne.jp

f:id:seiyukenkyujo:20190913095427p:plain

ふまれてもふまれても懲(こ)りない2人

f:id:seiyukenkyujo:20190817165604j:plain

文化放送伊東四朗 吉田照美 親父・熱愛」からの情報です。

「いつになったらマスクをはずした生活に戻れるんだろうな…」

 「そうは言ってもおじいちゃん、ブラジャーで作った『ブラマスク』がお気に入りのようですから、マスク生活もまんざらじゃないんじゃないですか」

f:id:seiyukenkyujo:20200124051339j:plain

そんな夢のようなマスクがあったとはf:id:seiyukenkyujo:20190821020313g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210510001727j:plain

www1.odn.ne.jp

f:id:seiyukenkyujo:20190804185124p:plain

勝ち組 負け組そもそも

その女、ジルバf:id:seiyukenkyujo:20210506173545j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506181513j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506072432j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506072546j:plain

そもそも歴史ってf:id:seiyukenkyujo:20190816181454g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506072621j:plain

勝ち組 負け組とは

f:id:seiyukenkyujo:20210506105302j:plain

 f:id:seiyukenkyujo:20190819024745p:plain

ひと口メモ

この義兄のせいで、ジルバは文字通り「死にそうな目」に遭わされます。

f:id:seiyukenkyujo:20210506072739j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506073256j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506073358j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190823125919p:plain

ブログでは省(はぶ)きますが、臣道聯盟が行った放火・殺人などのテロ行為については「その女、ジルバ」に詳しく掲載されています。

f:id:seiyukenkyujo:20210506105922j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506110011j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190827215605p:plain

満蒙開拓団のほかにも、このような政策が行われていたんですね。

f:id:seiyukenkyujo:20210506110130j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506110212j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506110303j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506110341j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506110411j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506110443j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506110515j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210331211608p:plain

真実ではなく「自分の信じたい情報」に飛びついてしまう・・・。コロナ禍の現在、わたしたちも同じことやってますぅ。笑えません。

f:id:seiyukenkyujo:20210506111337j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506111600j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210508010418j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506111847j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506112218j:plain

そして・・・

f:id:seiyukenkyujo:20210506112305j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506112407j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506112428j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506112511j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506112538j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20200514002627g:plain

インドへ最大55億円の追加支援へ 危機的な医療体制支えるため
2021年5月6日 5時28分

茂木外務大臣は、インドのジャイシャンカル外相とオンラインで会談し、新型コロナウイルスの急激な感染で危機的状況となっているインドの医療体制を支えるため、追加的に最大でおよそ55億円の無償支援を行う方針を伝えました。

NHKのニュースサイトより

日常を観察して演技に応用しよう

f:id:seiyukenkyujo:20190924134740p:plain

素晴らしい取り組みだと思います。マンガで描かれたブラジル移民の行動と同じですね。コロナ対策f:id:seiyukenkyujo:20200220234241g:plain東京五輪f:id:seiyukenkyujo:20200220234241g:plain出入国管理法改正案f:id:seiyukenkyujo:20200220234241g:plainコロナ禍で医療がひっ迫するなか病床削減をすすめようとする「病床削減推進法案」f:id:seiyukenkyujo:20200220234241g:plainなどと違って、この政策はいいね!日本すごい

f:id:seiyukenkyujo:20190825185327j:plain

ただ、ツイッターやネットには、反対意見も散見されてました。

個人的にはとても残念です。

f:id:seiyukenkyujo:20190819022630p:plain

もしも藤子不二雄「カンビュセスの籤」が現実だったとしたら、宇宙人たちの間でも、地球を救うかどうかで、いろんな意見が飛び交ったでしょうね。

f:id:seiyukenkyujo:20190823125919p:plain

ネットの意見のように、「他人の星より、まず自分の星のことを考えるのが大切でしょ?地球なんかほっとけよ」と、宇宙人たちは地球のことなんか無視したかも・・・。

f:id:seiyukenkyujo:20190811184337j:plainf:id:seiyukenkyujo:20190811184303p:plain

それが、日常を観察して演技に応用していく練習方法です。演技の幅や解釈が拡がりますよ。

f:id:seiyukenkyujo:20190812164644p:plain

なんにせよ「その女、ジルバ」は、すごい!素晴らしい本です。文句なしにおすすめします。

引用
その女、ジルバ 小学館

f:id:seiyukenkyujo:20190805003506p:plain

www1.odn.ne.jp

f:id:seiyukenkyujo:20190804185124p:plain

このマンガがすごい!

その女、ジルバ 有間しのぶ

f:id:seiyukenkyujo:20210506005556j:plain

魅力あふれるエピソードでいっぱいf:id:seiyukenkyujo:20190913102032g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506012811j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506012840j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506012909j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506013020j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506012954j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506013117j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506001050j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506001143j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506001340j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506001427j:plain

わたしのイチオシキャラは、くじらママ!

f:id:seiyukenkyujo:20210505235909j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506000017j:plain

若いころのくじらママはメッチャ美人

f:id:seiyukenkyujo:20210506000248j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506000704j:plain

しかし美人であるがゆえに、くじらママは

f:id:seiyukenkyujo:20210506013316j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506013357j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506013430j:plain

闇社会の魔の手に・・・ 

f:id:seiyukenkyujo:20190913095516p:plain

人生、楽しいことばかりじゃありません。つらいこと、苦しいことだっていっぱいあります。

f:id:seiyukenkyujo:20190913101638p:plain

そんな人生の悲喜こもごもを、明るく、ユーモアたっぷりに描いた傑作です。

f:id:seiyukenkyujo:20210506171102j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506171819j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506172038j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506172218j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506172602j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506213220j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20210506173108j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190913095442j:plain

ぜひ、ご一読をおすすめします。 

引用
その女、ジルバ 小学館

f:id:seiyukenkyujo:20190913101631p:plain

www1.odn.ne.jp

f:id:seiyukenkyujo:20190913095427p:plain