ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

戦争反対

カンビュセスの籤

「カンビュセスの籤(くじ)」について生徒といろいろ話し合ってます。 終末戦争で人類のほとんどが滅んでしまった世界 人類は地球外文明へ向けてSOSを発信しますが・・・というお話です。 コロナで世界中が大変だけど、世界の国や人びとはおたがいに助け合…

小松左京「くだんのはは」

戦時中、僕の家は阪神間の芦屋(あしや)で焼けた。昭和20年の6月、暑い日の正午頃の空襲だった。 「くだんのはは」は、そのタイトルから靖国神社を連想させますが、人と牛と書いて「件(くだん)」と読む【もののけ、妖怪】の母の意味です。 先月10日のブログ…

マンガは人生にとって必要なもの

哲学者の鶴見俊輔さんが、マンガについて中学生や大人たちと対談した本を紹介させていただきます。 鶴見日本ではね、マンガの出発点は落書きなんですよ。 1000年以上前は、昔の人は、お経をうつしてたでしょう。お経をうつすのを一日中やってると退屈になっ…

おすすめ映画

本日は、8月15日ですね。 「日本のいちばん長い日」(1967年) 「野火」(1959年) 「火垂るの墓」(1988年) この3本は、とてもいい映画だと思います。おすすめします。 www1.odn.ne.jp

8月と戦争と読解力UPのヒント

8月は「戦争について語る月…」というイメージが私にはあります。 小説やエッセイから心に残った言葉たちを紹介させていただきます。 アメリカひじき 野坂昭如 羽田からの高速道路をつっぱしりながら、幾度となく「どうです、日本はかわったでしょう」誇りた…

読解力と演技のうまいヘタは関連する

初心者のための「文学」 いちばん言いたいことを間接的に表現するのが「文学」です。 だからさまざまな読み解き方が存在します。 一般の方々なら、他人に迷惑をかけないかぎり、どう読み解いてもいいでしょう。 ただし声優となるとそうはいきません。 なぜな…

動物会議

ある日、動物たちはもう、がまんできなくなりました。 ライオンのアイロスは、たてがみをゆすりながら、いいました。 「ああ、あの人間たちときたら!ぼくのたてがみがこんなに金色でなかったら、腹が立って、たちどころにまっかになるところだが!」 「人間…

どですかでんと生きものの記録

目次 生きものの記録 どですかでん シェイクスピアとの共通点 「どですかでん」は黒澤映画の中でも難解だといわれています。 ですが黒澤明の他の映画と比較してみると「もしかして・・・」というものが見えてきます。 それが「生きものの記録」です。 生きも…

戦争プロパガンダ 10の法則

われわれは、こうして騙(だま)された プロパガンダとは プロパガンダは、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為である。 通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。ウィキペディアより 戦争…

ダルトン・トランボ

昨年のブログ「弁証法その2」や「Zガンダムとアインシュタインの生涯」の続きだよ。 ダルトン・トランボは、反戦映画の傑作「ジョニーは戦場へ行った」を執筆した小説家であり映画の脚本家です。 独裁者に勝ったものが独裁者に ナチス・ドイツに勝利したア…

演技の引き出しをふやそう

演技の引き出しとは、自分にどれだけ演技に使える知識【ストック・蓄(たくわ)え】があるのか 「知識」=「引き出し」が多いほど演技の表現も豊かに、つまり演技もうまくなっていきます。 イラストで説明すると 表情のサンプルが少ないよりも 多ければ多いほ…

ハンナ・アーレント

目次 イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告 アイヒマン裁判 『イェルサレムのアイヒマン』 彼女を支持した人びと 忍び寄るナチの影 「ヒトラーとナチ・ドイツ」 講談社現代新書より 諸外国の対応 ハンナ・アーレント 『全体主義の起源』 なぜ…

絶滅収容所

アウシュヴィッツ ナチ・ドイツは、政権獲得後すぐにドイツ南東部ダッハウに最初の強制収容所をつくり、政治的敵対者を法的手続きなしに拘禁することを可能にした。 まもなく拘禁対象は、ユダヤ人やロマ【ジプシーの蔑称】などナチが人種的に劣等だと見なす…

ヒトラーに抗した白いバラ

「アンネの日記」と同じ時代… ナチス・ドイツのヒトラーに抵抗したドイツ人の女学生がいました。 戦(いくさ)の際、自分が正しいと思う方に味方することができたら、どんなにいいでしょう。 ドイツ人が、ただ自分の国だからということだけでかたくなに自分の…

戦争映画のパターン

戦争映画ではお決まりの・・・ 兵士A「あいつを見殺しにはできません。自分が救出します!」隊長「まて。もう間に合わん」兵士A「とめないでください。行かせてください」ほかの兵士たち「私も行きます!わたしも!」 【内容】 何世紀にもわたり、軍隊にお…

ナチスの原爆計画

スパイはどのようにして人の心理を見抜くのか 連合国はナチス・ドイツに原爆計画があることを知っていたが、アメリカの諜報要員はほとんどその詳細を知らなかった。 オーストリアの科学出版社社主パウル・ロスバウトによってドイツの原爆計画の事実をたまた…

トンでも兵器

実際にあった?ウソのようなホントの兵器! コウモリ爆弾【アメリカ】 コウモリって・・・夕方とかにパタパタ空を飛んでる蝙蝠(こうもり)? アメリカ大統領ローズヴェルトは、太平洋戦争の緒戦時に、コウモリ爆弾が日本人を恐れさせることを信じ、東京中に何…

夕凪の街 桜の国

原爆投下を正当化する議論で「戦争終結を早め、数え切れぬアメリカ兵の命を救った」というものがあります。 また「真珠湾を攻撃し戦争を始めたのは日本だ」ともいわれます。 ただ間違えてはならないのは「夕凪の街 桜の国」の登場人物たちは巻き込まれただけ…

もしも、サメが人間だったら

もしもね、サメが人間だったら 小さな魚たちにもっと親切にするのかな もちろんだよ。 もしもね、サメが人間だったら、海のなかにさ、小さな魚たちのために大きな箱を作らせるだろうね。 箱のなかには、もちろん学校もある。 その学校で小魚たちが教わるのは…

役の性格

「人間なんて首尾一貫した主義主張で動くもんじゃない、コロコロ変わるものだろう」 わたしは、何歳(いくつ)になっても、終戦後何十年たっても、短い期間ではあったが帝国海軍水兵であったことから逃れられないところがある。 そして軍隊生活、敗戦、軍隊か…