ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

メソッド演技はあぶないの?

統合失調症の研究者も危険なの?

f:id:seiyukenkyujo:20190913101703p:plain

メソッド演技は異常な人物の心理を深くさぐるためあぶないと、まことしやかに囁(ささや)かれています。

f:id:seiyukenkyujo:20190801231125p:plain

それならば統合失調症【幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患】の研究者たちはどうなのでしょうか。

f:id:seiyukenkyujo:20190913101042p:plain

統合失調症の患者さんを診ている病院の医師たちもどうなのでしょう。

f:id:seiyukenkyujo:20190913101037p:plain

また犯罪者の心理をさぐるのがあぶないなら犯罪心理学を専門に研究している研究者】たちはどうなるのでしょう。

f:id:seiyukenkyujo:20190913101218p:plain

もしもメソッド演技があぶないのなら、役者だけじゃなく病院の先生や心理学者たちもあぶないってことになるよf:id:seiyukenkyujo:20190913102635g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190913095438p:plain

だけど少なくとも私はそんなウワサを聞いたことがありません。f:id:seiyukenkyujo:20190913101951g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190913100728j:plain

アイヒマン裁判――悪の陳腐さについての報告」*1を書いた、ハンナ・アーレント【政治哲学者】の本を今読んでるんですが…

f:id:seiyukenkyujo:20190913100634j:plain

もしもメソッド演技が本当にヤバいのなら、ハンナ・アーレントはなぜ精神に異常をきたさなかったのか?

f:id:seiyukenkyujo:20190807015735j:plain

映画「バットマン」シリーズでジョーカー役を演じた俳優が自殺したことから、「メソッド演技は危険だ」という噂が広まったようです

が、

1.自殺の原因として考えられるのはメソッド演技だけなのでしょうか?

2.ほかの要因は考慮されなくてもいいのでしょうか?

3.そもそも人間の本質を深く掘り下げて考えているのは、俳優だけではありません。演劇などの評論家の方々もあてはまると思います。

そういった方々が、次々と異常な行動に走っているという事実はあるのでしょうか?

f:id:seiyukenkyujo:20190913100620j:plain

そういった疑問が発端になってます。

f:id:seiyukenkyujo:20190807195121p:plain

ただし、マリリン・モンローを育てたことで知られる【リー・ストラスバーグのメソッド演技】f:id:seiyukenkyujo:20190817145405g:plain2019.4.12のブログで紹介💛クリックしてね😊>は、さすがに私もおすすめしません。やめた方がいいと思います。

f:id:seiyukenkyujo:20190807172857j:plain

それにしても便利な時代になりましたね。少し前だったら知らないままで素通りしていたであろう「ヴィシー政府」などの歴史用語もすぐに調べられます。本の理解度はグンと深まりました。

f:id:seiyukenkyujo:20190801181131j:plain

そんなことを話しながら今日は「オンディーヌ」と朗読のレッスンを行いました。

f:id:seiyukenkyujo:20190829025733p:plain

涼しくなってすごしやすくなってきたこともあるのでしょう、今日の生徒たちはみんな絶好調でした。

f:id:seiyukenkyujo:20190804184900p:plain

いいレッスンが出来たと思います。それでは、また来週。f:id:seiyukenkyujo:20190817024743g:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190816132320j:plain

 【新入生募集中!】

18歳以上
年齢制限・入所試験なし。

無料体験入学 & レッスン見学受付中!

Voice actor laboratory 声優演技研究所

f:id:seiyukenkyujo:20190804185124p:plain

 

*1:第二次大戦中、ユダヤ人をガス室で大量殺戮した責任者である、元ナチス・ドイツ官僚アドルフ・アイヒマンについての裁判レポート。
アーレントは、「アイヒマンは冷酷非道な極悪人ではなく、どこにでもいる家族を大切にするごく普通の小心者であり、誰もが同じ状況になれば同じことをする可能性がある」と論じた。