ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。いろんなことを知って演技に役立てましょう。実技も知識もどっちも大切!ぜひ、どうぞ。💛

ブレヒト作「ロミオとジュリエット」

ブレヒトは、ドイツが生んだ偉大な劇作家です。

俳優のための練習用台本[第三夜より]

ロミオとジュリエットブレヒト

ジュリエットとその侍女

ジュリエット
じゃお前、トゥリオを愛しているのね。もしその人の生命があぶなくなったら・・・


侍女
ああ、戦争がおきたらですね?
そしたらあの人を説きふせて、病気のふりをさせて、ベッドからおきないようにしますわ。


ジュリエット
でも、そんなこと卑怯(ひきょう)じゃない?


侍女
なんとしてでも、あの人が卑怯になってくれるようにしますわ、あたしがそばに寝てやれば、あの人ベッドからはなれませんもの。


ジュリエット
ともかくお前、その人に命をささげる気なんだわね。あたしだってロミオ様のためならそうするわ。
でも、もうひとつだけ、ききたいことがあるの。
もしその人がね、戦争に行って帰ってきたとき、なにかがなくなっていたら?


侍女
なにがですの?


ジュリエット
それは口ではいえないわ。


侍女
ああ、あれですの。そしたら、あいつの目の玉をひんむいてやりますわ。


ジュリエット
なぜ?


侍女
戦争になんか行ったからですよ。


ジュリエット
じゃ、それっきしお前たちの仲はおしまいになってしまうの。


侍女
ええ、だってもうおしまいじゃございませんか?



戦争に行ったからおしまいなのか、なにかがなくなったからおしまいなのか、ブレヒトらしい戦争反対の表現ですね。

こういう紹介の仕方は、誤解を招きます・・・。

ブレヒトナチスヒトラーに反対して、戦争に反対した偉大な劇作家です。尊敬してます。

これは部分抜粋です。意味は変えていませんが、実際のブレヒト作「ロミオとジュリエット」は、もっとたくさんの意味が絡んできて、もう少し複雑ですよ。

こぼれ話

ブレヒト作「ロミオとジュリエット」は、シェイクスピアの同名戯曲をもとに、俳優練習用として改作した台本です。

実はシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」にも元ネタがあり、アーサー・ブルックの物語詩『ロミウスとジュリエットの悲しい物語』(1562年、イギリス)ではないかと言われています。

シェイクスピアの生きていた時代は、他人の作品をヒントに自分の作品を創作するのは、よくあることだったそうです。

ロミオとジュリエットの源泉も、西欧の民間伝承やギリシアの古典、古代ローマにまでさかのぼることができるんだそうですよ。



【新入生募集中!】

18歳以上
年齢制限・入所試験なし。

無料体験入学 & レッスン見学受付中!
Voice actor laboratory 声優演技研究所