ワークショップ 声優演技研究所 diary

「なんで演技のレッスンをしてるんですか?」 見学者からの質問です。 かわいい声を練習するのが声優のワークショップと思っていたのかな。実技も知識もどっちも大切!いろんなことを知って演技に役立てましょう。話のネタ・雑学にも。💛

アインシュタインと時間とGPS

アインシュタイン特殊相対性理論が発表されてから66年後の1971年…。

f:id:seiyukenkyujo:20190812031833j:plain

2人のアメリカ人科学者、ジョゼフ・ヘイフリーとリチャード・キーティングが、アインシュタインの予測した「時間の遅れ」を実証しました。

f:id:seiyukenkyujo:20190913101638p:plain

ヘイフリーとキーティングは3つの原子時計を使いました。

f:id:seiyukenkyujo:20190801181344p:plain

原子時計は、史上最も優秀な時計器です。

f:id:seiyukenkyujo:20190801181311p:plain

ひとたび複数の原子時計の時刻を合わせると、何百万年も経過しても1秒の10億分の1までのずれしか生じないという、とても信頼性の高い時計なんです。

f:id:seiyukenkyujo:20190801180318j:plain

2人はそれを空港にもっていきました。

f:id:seiyukenkyujo:20190801180401j:plain

時計の1つは空港のロビーに残し、そしてあとの2つは、それぞれ別の民間航空機に乗せられました。

f:id:seiyukenkyujo:20190801180244j:plain

時計の一方は東回りで、もう一方は西回りで地球を一周し、最後には出発点の空港に戻ってきて、時刻を合わせられた地上の分身と再会することになっています。

f:id:seiyukenkyujo:20190810213545p:plain

アインシュタインが正しければ、地球は東回りに自転しているため、飛行機が東回りか西回りかで、各飛行機とのあいだにも空港とのあいだにも、時計の時間にわずかな違いが出るはずです。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100103p:plain

二つの飛行機が空港に戻ってきたところで、ヘイフリーとキーティングが3つの原子時計を確認すると、同じ時刻ではなくなっていました。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100058p:plain

空港に残った時計と比較して、東回りの飛行機に乗った時計は、10億分の59秒、遅れていました。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100108p:plain

西回りの飛行機に乗っていた時計は、10億分の273秒、進んでいたんです。

f:id:seiyukenkyujo:20190913101652p:plain

3つの原子時計がずっと同じところにあったとしたら、そのようなずれが自然に起こるには、3億年以上も待たなくてはなりません。

f:id:seiyukenkyujo:20190808154453j:plain

そして驚くべきことに、この結果は実験よりも前に、計算されていたんです。

f:id:seiyukenkyujo:20190808153857j:plain

アインシュタインの理論では、地上の時計と比較して東回りの時計は最大10億分の60秒まで遅れ【実験の結果は10億分の59秒】西回りの時計は10億分の275秒ほど進む【実験結果は10億分の273秒】と予言されていました。

f:id:seiyukenkyujo:20191031101541p:plain

つまり実験で、アインシュタインは正しかったことが証明されたんですね。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100806j:plain

そしてこの理論は現在、スマホやカーナビのGPS装置に使われています。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100620j:plain

あなたのGPS装置と位置情報をやりとりする人工衛星の内部には、時計があります。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100753j:plain

もしも地上と衛星での時間の進み方の違いを考慮に入れた修正がなされなかったら、あなたの位置はたちまち間違って把握されることになります。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100644j:plain

そして一日ごとに、約10キロメートルのずれが生じていくのです。

f:id:seiyukenkyujo:20190913100704j:plain

GPSが機能するのは、アインシュタイン特殊相対性理論一般相対性理論のおかげだったんですね。*1

参考文献

138億年宇宙の旅 早川書房

f:id:seiyukenkyujo:20190913100848j:plain

f:id:seiyukenkyujo:20190913095427p:plain

 

*1:

「思考実験」

アインシュタインは大いに思考実験を利用した。

彼の場合は、光速が速さの限界として決まっているとしたら、現実はどのように見えるかを想像した。

そのために、彼は光子の上に座ってみた。

そこから頭の中で世界を見て、特殊相対性理論を考えついた。

この理論の有名な教えは、光速の99・999999999パーセントで【8時間】飛ぶ飛行機は、本当に400年後の未来に到着するということである。

これは正しいことが証明されている。

さらにアインシュタインは、重力が何であるかについても考えた。

その彼の答えが、100年たった現在でも、とてつもなく衝撃的な数々の発見を導いている。